車

トピックス

  • 板金塗装専門業者への修理依頼がお得な理由

    車を運転中に壁にぶつけてしまったり、擦ってしまったりしてキズやへこみ、塗装の剥がれなどが生じた場合に、自分で修復を試みる方もいると思いますが、やはり修復工程に関する専門的な知識や技術がなければ、不自然な傷跡が残ってしまったり、色合いがバラバラな…

    MORE

事故をしたら板金塗装ですよね

走る車

新車なり中古車なり車を買えば当然事故や落書き・いたずらがあります。私も何度か経験はしましたがやはりぶつけたままで走るのはちょっとみっともない事が、自家用でも会社の営業車でもよくあります。そんな時は、やはり自費または自動車保険で保険金請求して直してもらいます。家のリフォームと同じく自動車の板金塗装はけっこうお金が掛かります。
なかには修理中の代車やレンタカー費用もいるかもしれません。昨今の立川の自動車板金工場なら軽自動車ほか修理中の為に代車は無料というケースが多いです。板金塗装も色々な修理方法があって私の経験では中古部品を使えばかなり修理費用の負担が減ると聞きました。実際中古の部品を立川の自動車板金屋さんに頼んで探してもらった事がありました。新品部品の半額などとてもリーズナブルな価格で費用が抑えられた経験があります。気にされない方ならそういう方法も選んだ方が良いと思います。
また修理する場合どこに頼めば良いかというのもあります。新車で買っていれば新車ディーラーに相談するのが一番多いみたいです。しかし一般的にディーラーは点検・車検などは行いますが、実際の板金修理は下請けの板金塗装屋さんに出しています。もちろん直接立川の修理屋さんに持ち込む方法もあります。

板金塗装で後悔しないためには

板金塗装はとても職人の腕が問われる作業です。料金の安い工場、高い工場などで出来栄えが全然違うといったことも起こるので、どこに頼むのかを安易に決めるのはよくないことです。後悔しないためにも、立川で腕の確かな職人さんに直してもらうようにしましょう。
板金塗装業者を選ぶのはとても難しいです。大手だからといって腕のいい職人さんにに修理してもらえるわけでもないので、自分で調べることが大事になってきます。まず、立川の知人の紹介や口コミなどを調べてみましょう。特に、車に詳しい知り合いなどは、そういった情報を持っている場合も多く、そういったかたの情報は参考になります。
次に、板金塗装ブースや設備がしっかししているかどうかを確認してください。職人の腕が一番ですが、やはり設備も大事な要素となってくるので、事前に確認を怠らないようにしましょう。
あとは、実際に立川の板金塗装工場に足を運んでみて、職人さんと会話するのもいいかもしれません。仕事の丁寧さや几帳面さは性格に出ます。信頼できる人を自分の目で確認するのも大事です。本当に腕のいい職人さんに修理してもらうと、傷のあとが嘘のようにわからなくなります。事前の情報収集をきちんとして、愛車を綺麗にしてもらいましょう。

車の傷は、買ったディーラーに持ち込むの?

こするやへこませるといったことは車の運転を何年もしていれば、一度は、皆さんあるでしょう。ただ修理するにも、ご自分の保険内容によってよく考えましょう。車両保険には、免責0~10万などそれぞれです。車両保険を使用するには、使用すると翌年等級も下がりますし、免責が5~10万の方は、ちょっとしたこすり傷は、ご自分で支払った方がトータルでプラスの方が多いと思います。ただ購入ディーラーの担当営業マンに修理依頼する方が、ほとんどですが立川で街中の板金塗装屋さんを利用する事も考えてください。
意外とご自分のお住まいの立川でネット検索をすれば、何件か探し出せると思います。購入したディーラーも自社で塗装ブースを用意している企業は、ほとんどありません。ほぼ外注の板金屋さんです。ディーラーに頼まなければ、ディーラーの取り分が、上乗せされませんから、直接自動車板金塗装屋さんに持ち込めば、ご自分の支払いを安くできると思います。また新品部品ではなく、中古部品を使う事にもディーラーは嫌がりますが、板金塗装屋さんなら中古部品も嫌がらずに対応してくれます。
日本人は、非常にきれいに自動車を乗る民族です。ちょっとした擦り傷ならご近所さんの板金塗装屋さんをのぞいてみるのもよいと思います。昔の職人が営む店のような入りずらいイメージは、もう立川の板金塗装屋さんには、ありません。


事故の予防としても、板金塗装を立川で行うことをおすすめします。板金塗装をするだけで、万が一事故を起こしても車の損傷は最小限で済みますのでお忘れなく。

新着情報

おすすめの記事

TOP